理系東大生の読書メモ

理系東大生たちが日々の読書記録をまとめるブログ

【実は就活生以外の学生にもおすすめ?】世界が開ける「業界地図2020年版」

f:id:alphatauri:20200424222652j:plain

業界地図2020年版

 こんばんは。タウリです。

 

就活の波が押し寄せています。(悲壮)

 

今回は、手始めとして読んだ本の紹介です。

 

 

この本の概要

①2020年版の様々な業界の詳細事情が知れる

この本では、主に国内のさまざまな業界の解説がされます。

 

各業界(例えば、自動車とかテレビとか)の先行きがどうであるか、そこのリーディングカンパニーはどこかだとか、それぞれの企業ごとの関係(提携関係、ライバル関係、子会社親会社関係など)が相関関係図で説明されています。

 

ある企業がその業界内でどのようなポジションであるのか、とかいうのが一目でわかる優れものです。

 

また業界ごとに「四季報記者のチェックポイント」という項目があり、収益構造の仕組みや最近のトレンドについての解説がされています。

 

ページの例が以下になります

f:id:alphatauri:20200424224445j:plain





②各企業のざっくりとした説明が見れる

各企業について、近年の業績や規模について書かれています。

 

特に業界の最大手やその次位までの企業については、文章で詳しく説明されているケースも多くありました。

 

おすすめポイント

①就活生向け

この本の帯には「ビジネス・就活・投資の必読書」と書かれていますが、まあ手に取る層の多くが「就活生」でしょう。

 

就活を始めたものの、何から手を付けるべきかわからない

 

やりたい仕事がない。そもそも世の中にどんな仕事があるのか知りたい

 

なんて層にはこの本を是非お勧めします。

 

ページ数はまあまあありますが、流し読みでもいいので一度目を通すと、何となくどういう企業があるかつかめるはずです。

 

僕個人としては、この本を読んでみると

 

意外と業界ってそんな多くないんだな

 

と思いました。

 

その多くない業界の中から、行きたいものを絞っていく。

 

そのとっかかりになるような本です。

 

②就活生以外の学生にも

純粋に読み物としても面白いです。

 

この本を読んで一番思ったのは、

 

この企業、聞いたことはあったけどこういうことしてるんだ」とか

 

A社とB社は実はライバルっぽく見えて提携してるんだ」とか

 

身近なのに知らない知識がたくさん得られます。

 

社会の仕組みとかに興味がある学生は絶対面白く読めると思いますよ。

 

気に入った一節

「一節」というと小説的で少しおかしいかもしれませんが、この本で個人的に面白かったのは、「業界再編の歴史」です。

 

特に財閥系が絡むものが多かった気がします。

 

具体的には、銀行系や鉄鋼系、ガソリンスタンドなどですかね。

 

昔の名前などは知らなかったので、勉強になりました。

 

Twitterでの評判

 

まとめ

いかがでしたか?

 

様々な業界を広く浅く知ることのできる本となっています。

 

みなさんもこの本を「とっかかり」に就活始めましょう。

 

22卒の皆様、ぜひ一緒に頑張りましょうね!

 

タウリ