理系東大生の読書メモ

理系東大生たちが日々の読書記録をまとめるブログ

【明日にも使える】心理学書「閲覧注意の心理学」

f:id:alphatauri:20200408195055j:plain

閲覧注意の心理学

こんにちは。タウリです。

 

今日は身近なようで意外と知らない、知らないと損をする「心理学」の本についてのレビューです。

 

著者の渋谷氏は心理学者で、これまでに300冊以上の本を出版してきた経歴があります。この本の巻末に記されていた参考文献も、そのほとんどが自身の著書でした。

 

日常への応用度:★★★★☆

 

心理学、、、私自身これまで興味はありましたが、あまり手を付けてこなかった領域です。

 

しかし読んでみると思いの外身近で、すぐに生かせることもたくさんありました。

 

心理学は人間間のコミュニケーションを円滑にするための強力なツールであるとともに、「自分」という人間の正体を明かしていくことにも役立ちます。

 

 

純粋な面白さ:★★★☆☆

 

心理学も一つの学問領域ですから、実験と議論の積み重ねが現在の体系的な知とされています。

 

この本ではそのような実験がいくつも列挙されていますが、この実験内容が面白い。

 

占いを信じてしまいがちなのはどうしてなのか?

 

「立場が人格を形成する」というのはどういうロジックなのか?

 

この辺が気になる人には、ぜひともおすすめの一冊です。

 

 

タウリ